北朝鮮の拉致問題はいまだに解決されていない。

ではどうして拉致問題は解決されていないのか?

私たちの想像を越えるような事実がそこには隠させれている。

なぜ拉致されたのか

横田めぐみさんは実は特別な血筋であるということは一部には知られている。

1392年から1910年までの約520年間27代続いた李氏朝鮮。

その朝鮮王朝最後の李 垠(り ぎん)皇太子に嫁いだのが

元日本の皇族(梨本宮方子女王)である李 方子(り まさこ)皇太子妃です。

李 方子さん→(娘)横田早紀江さん→(娘)横田めぐみさん→(息子)金正恩氏

横田めぐみさんには朝鮮王朝の血が流れている(日本の皇族の血もですが)。 
もし噂が本当であれば北朝鮮はその血統が欲しかったからめぐみさんを拉致したのではいうことになります。

つまり横田めぐみさんは

実は北朝鮮の天皇と日本の天皇の両方の血を受け継いでおり
特別な血筋なのだ。

日中、公然と拉致された・・・・
と言われているが、
実は警察・日本政府の了解の元に拉致された可能性がある。

まとめると、北朝鮮と日本の血を受け継いだ横田さんは計画的に北朝鮮に行った可能性が高いのだ

金正日の妻だった

ミサイル実験など日本の安全保障にかなり影響を及ぼした金正日。

その金正日の妻として迎えられた横田さん。

特別な横田さんをただ拉致するだけでは意味がない。そこには必ず意味が込められているのだ。

金正日と横田さんの間で生まれたのが今の北朝鮮のトップである金正恩であると噂されている。

今の北朝鮮のトップは日本人の皇族の血も受け継いでいるのだ。

そのような事実はもちろんテレビやマスコミで報道されることは一切ないが、
これはかなり外交上で大きな武器と成る。

ほとんどの日本人には知られていないが、
世界のトップとして君臨しているのは天皇である。

1、天皇
2、法王
3、王族
4、大統領
5、首相

世界のヒエラルキー(階層)はこのような順番になり、世界で唯一エンペラーと呼ばれているのが日本の天皇だけだ。

そのエンペラー(皇帝)の血を引き継いだ者が北朝鮮のトップに君臨している。
驚くべきことに世界でもこの事実は知られている(日本を除いて)

sdq

元アメリカ大統領オバマでさえも、天皇の前ではこのような姿になる。

戦前は石油王ロックフェラーよりも、金融王ロスチャイルドよりもお金を持っていたと言われている天皇族

絶対に横田めぐみさんは帰ってこない

残念ながら正式に日本に帰って来ることはない。

もちろん極秘として来日することはあるだろうし、
これまでにも極秘で来日したことはあるだろう。

公の意味で帰って来ることはないのだ。

実は横田めぐみさんの横田早紀江さんは「拉致被害者の会」を脱会している

会を抜けた理由はこの記事を見ているあなたなら解るだろう。

巨額のお金が渦巻いている可能性は高い。

北朝鮮の正妻として迎えられた横田めぐみさん。

その数奇な真実は我々日本人の知らない裏の社会で鎮められている

<関連記事>
⇨世界が統一される日は近い?通貨が世界で統一されることで新しい世界が生まれる!

⇨ヒトラー、宇多田ヒカル、ジャパネット高田の驚くべき共通点は◯◯だった

⇨韓国はなぜ北朝鮮に復讐をしないのか?ミサイルも拉致もすべては北朝鮮の仕業じゃない?