ユダヤ人と日本人には奇妙なまでに多い共通点がある。

ヘブライ語と日本語にもかなりの数の共通点がある。

それはなぜか?

これは日本人とユダヤ人は共通の祖先が存在し、我々日本人とユダヤ人には同じルーツがあることを示しているのだ。

今回はユダヤ人と日本人の共通項にスポットライトを当てていきたい。


スポンサーリンク


日本人とユダヤ人は同じ祖先

なぜ日本語とヘブライ語が似ているのだろうか?

似ていることは偶然ではなく、必然である。

なぜなら我々日本人とユダヤ人は祖先が同じだからだ。

日ユ同祖論を知っているだろうか?

日本人とユダヤ人の祖先は同じであり、その祖先は古代イスラエルで突如絶滅した「失われた10支族」のうちの1支族だったと考えられている。

日本人とユダヤ人が同じ?
と聞くとびっくりするかもしれないが、ある程度共通点も多い。

共通点を2つほど取り上げてみると「頭の良さ」「世界から嫌がらせを受けている」である。

ユダヤ人は金融のシステムを作り今の世界を牛耳っていると言われているが、これまでの歴史でユダヤ人は頭の良さから世界から嫌われていた。

実際にドイツのヒットラーはユダヤ人を迫害していた。

日本人も同じように頭が良い。

種子島に鉄砲が伝来した時にはたった2丁だけ買った。

分解する用と実際に使ってみる用。当時鉄砲は1丁1億円ほどの値段がしたのだ。

鉄砲を2丁打ってから2年後に、日本人にたくさん鉄砲を売りつけようと再びポルトガル人が種子島に来たのだが、

驚くべきことに、ほとんどに日本人は鉄砲を所持していたのだ。

つまり買ってから自分たちで分解し、作れるようになるまでになっていた。

これを見たポルトガル人は日本人の頭の良さに驚愕した。と言われている。

また日本はバブル景気だった時に世界の時価総額ランキング20位中14位が日本企業が占めていた。

これをよく思わなかったアメリカとロシアの策略にハマり、バブル崩壊の危機に日本は陥れられたのだが、

日本人は世界でも有数の頭の良い国であり、近年見る限り、外交上でも不利な契約を結ばさせられている。

外交問題を思い返して見ると、日本ほど他国にお金を払わされた国はいないのだ。


スポンサーリンク


世界の救世主は日本から来るとイスラエルでは言い伝えられている

旧約聖書における唯一神であるヤハウェ(又の名をエホバ)。

旧約聖書の中では、ヤハウェは
世界でも最も東にある神様を持たない国からやってくる」と言い伝えられているのだ。

世界で極東と呼ばれ、宗教を持たない国は日本以外ないだろう。

イスラエルの国旗の中心には「六芒星(ヘキサゴン)」が描かされている。

この六芒星は神聖なものとして考えられているが日本の神社でも数多く六芒星を見ることができるのだ。

伊勢神宮周辺にある石灯籠には六芒星(カゴのめ)が掘られている。

また籠神社の奥宮真名井神社の紋は六芒星である。

これは有名な話だが、
聖地伊吹山
熊野本宮大社
美作八十八カ所霊場
籠神社
剣山
伊勢神宮

を結ぶと綺麗に六芒星が浮かび上がるのだ。

他には日本中には至るところで六芒星と五芒星が見受けられる。

あまりにも多い日本語とヘブライ語の共通点

他にも

「サムライ(侍)→シャムライ(守る者)」「シャムショ(社務所)→シャムショ(ユダヤの社殿)」「ネギ(禰宜)→ナギ(神官)」

このように似ている発音と意味の言葉は3000種類を超えているのだ。

「君が代」はヘブライ語で作られた?

君が代は日本の国歌であるが、世界唯一の短調国歌である。

君が代の意味は文字にするとなんとなく意味がわかるのだが、実はヘブライ語でもしっかりと意味を成すのだ。

「【日本語】  【ヘブライ語】   【訳】
君が代は   クム・ガ・ヨワ    立ち上がり神を讃えよ
千代に    チヨニ        シオン※の民 ※イスラエルの歴史的地名・形容詞
八千代に   ヤ・チヨニ      神の選民
さざれ石の  ササレー・イシィノ  喜べ残された民よ 救われよ
巌となりて  イワオト・ナリタ   神の印(預言)は成就した
苔のむすまで コ(ル)カノ・ムーシュマッテ 全地に語れ」

このように見るとヘブライ語でも意味が通じるのがわかる。

これを見てもまだ日本とヘブライ語(ユダヤ人)との関係性はないと思うだろうか?

イスラエル国歌は日本語にすると・・・・

イスラエルの国歌を日本語訳にすると以下のような意味になる

心の中で切望していた
ユダヤの魂はずっと求め続けてきた
そして歩き出した 東の果てへ
その目はただシオンの地を見つめ続けた
希望は未だ尽きない
二千年間続いたその希望
自由のある私達の国
シオンとエルサレムの国、
自由のある私達の国
それはシオンとエルサレムの国

シオンというのが「日本」を指している。

最果ての土であり神に導かれて行き着いた先が日本という意味だ。

イスラエルの国歌と、日本の国歌がそれぞれ呼応しているのがわかる。

これほどまでに強い繋がりがイスラエルと日本にはあるのだ。

童謡 かごめかごめはヘブライ語で書かれていた

日本人なら童謡「かごめかごめ」を一度は歌ったことがあるだろう。

先ほど日本語とヘブライ語は発音と意味が似ていると話した。

「かごめかごめ」はなんとそのままヘブライ語として読むことができるのだ。

日本語では「かごめかごめ」は一切何を意味するのかはわからない。

しかしヘブライ語で読むと意味ははっきりとわかる。

何が守られているのか?誰が守られているのか?
守護されて封印され、安置して閉ざされたものを取り出せ

そして火をつけろ、燃やせ、社を根絶せよ
作られたお守りの岩のご利益もなく
焼かれた荒れ地は見捨てられた

このような意味になる。

少し怖いイメージを持つが、かごめかごめは一種の呪怨的な要素が含まれていることがわかる。

かごめかごめは一部では徳川家の財宝のありかを示していると言われているが実際にそうではない。