20150227
ドイツで起きた惨い殺人事件 これまで解決するための莫大な時間と人を投入したのだが

それはいまでも未解決事件としてドイツ人の記憶に刻まれている。

その事件の名前はヒンターカイフェック事件

107699

ヒンターカイフェックという小さな町がこの事件の舞台となった。

一家もろともこの世からいなくなってしまったのだ。

被害者は
18.14.08

どのかに暮らしていた家族がなぜこのような事件に巻き込まれてしまったのか


スポンサーリンク


事件の詳細はこうだ

1922年の3月31日から翌日の4月1日にかけて起こったのだ。

事件の前から嫌な予感を感じていた。

というのも自分たちの家の敷地内で奇妙な足跡を見つけていたのだ。

泥棒なのか、それともたまたまそこに人が立ち入ったのかはわからないが、

確実にそこには不可解な人物が探りを入れていたのだ。

これまでグルーバーは人の恨みや辛みを買うようなことはしていなかったし静かな村であるために

争いごとも起きなかったのである。

グルーバーたちの家は少し町から離れたところにあり年齢も高年齢なだけにあって普段からは近所付き合いはあまりなかったことがこの事件の発見をおくらせてしまったのだ。

頭部を引き落とされたり、顔面が変形するほど殴られた痕跡があったことから

なにかの強盗計画が練られ、目撃されないために一家6人がやられてしまったのだと最初は考えられた。

しかし納屋から大量のお金が発見されたことからなにか盗まされたわけではなく、

家を捜索しても金目のものは取られてはいないことから強盗が目的ではないことは確かである


スポンサーリンク


なにかのトラブルなのか

亡くなったヴィクトリア・ガブリエル(35歳)はこの事件が起こる数日前に

教会に懺悔を告白するために多額のお金を持って行ったことが証言でわかった。

彼女の旦那は第一次世界大戦で亡くなっているのだが、なにか関係があったのであろうか。

この事件はつるはし(鶴嘴)という鎌のような突起物が犯行で使われているために人間の仕業であることは間違いない。

ということはヴィクトリア・ガブリエルが事件の数日前に懺悔を告白していたことはなにかのトラブルを自分が引き起こしてしまったことを悔いていたということになるだろう。

ヴィクトリア・ガブリエルが直接の原因を作ってしまい、その復讐にこんな惨いことが行われたのではないだろうか

霊視鑑定に出されたことが事件を迷宮入りさせた

この一家の遺体はすべて霊視鑑定に出されたのである。

戦争にときにロシア、アメリカは霊視部隊を結成し敵国の情報を抜き取ろうとしていたことがある。

公開にはなってはいないがドイツにも同じように戦争に備えて能力部隊を結成していたのではないだろうか

そのテストととして6人の遺体を霊視鑑定したように思える。

しかし結果的にはそれは上手くいかず、事件を迷宮入りさせてしまうことに繋がったのだ。

過去の使用人は関係しているのか

この事件が起きる半年前に一家に務めていた使用人は

「この場所は呪われている」と言い残し、逃げるように去って行ったことがあった。

もしかするとこの使用人はなにか奇妙な雰囲気を敏感に感じ取っていたのかもしれない。

警察の事情聴取には応じており、素直にその一家については話したようだが未解決事件は未解決事件のままであった。

その後、懸賞金を設定し、警察も全力で捜査をしたのだが全く有力な情報を得ることはできず

解決への扉は固い錠をかけられたようになったのだ。

いまではこの事件の場所に慰霊碑が建てられ、死者の魂を安らかにしているのである。

ドイツで起きたこれまでで一番無惨な事件。

この事件が解決される日は来るのだろうか