nc80545
いきなり3人の人間が灯台から消えた。

これはスコットランドのフラナン諸島のアイリーンモア島で起きた未解決ミステリーである。

フラナン諸島

アイリーンモア島は時々台風にも似た暴風が吹き荒れることでも知られている。

この暴風によって船が沈没したり人々の生活に多大な害をもたらすこともあるのだ。

しかし灯台で警備をしていた3人が消えた日は暴風は吹き荒れることなく

快晴の天気であったために風の影響を受けて塔から海に落ちてしまうことは考えられない。

またたとえ一人が落ちてしまったとしても残り2人は無事であろう。

救命のライフベルトも準備はしているはずなのでもしなにかあったときにはこのベルトを使うことが推測される。

しかし何事もなかったかのようにこの3人は消えてしまったのだ。

この3人はもともと何をしていたのか

行方が不明になった3人はこの灯台に常駐をしていたのだ。

灯台の警備である。

ドナルド・マッカーサー、トマス・マーシャル、ジェームズ・デュカットの3人が警備をしていた。

元々船員を長くやって来たのでそれぞれが海の知り尽くしたスペシャリストだったために灯台の警備に当てられるようになったのだ。

しかし暗い海に明かりを照らし続ける仕事をしていた。

この3人はあくまでも警備であり、3人もいたのでそれぞれがルーティンを組み、それぞれの仕事を行っていた。

他との接点はなく、ただ灯台に常駐していることが仕事だったために大変退屈していたことが想像されよう。

食事・水・新聞は2週間に一度外部の人から送られてきたり、代わりの人を連れて来られることしか

他の人間との接点は灯台にいる限りなかったのである。

1900年12月15日に異変が起こった。

アイリーンモア島の灯台に向けて船が発信のために光を送った。

これはあくまでも確認であり、異常を知らせるものではなかったが灯台からの返信はなかった。

もちろん灯台からは別の光が常備されており、緊急事態が起こったときには普段とは異なる光が海に当てられるのだが異常を知らせる光もなかったために

3人は仕事をさぼっているように捉えられたのだ。

そしてその11日後にアイリーンモア島にいつものように食料と水が供給するために一隻の船が送迎された時に3人がいなくなっていることが確認された。

真面目に働いていたものがいなくなったのである。

この3人が最後に目撃されたのは12月12日であった。

ということは少なくとも12月15日以前にはこの3人はいなくなっていたことになるのだ。

確認のために光を送ったときには返信がなかったが灯台の光は自動的に海を照らしていたので

失踪の発見が遅くなってしまったのだ。

ボートはまだ灯台に残っているので逃げた形跡はなく、さらに灯台が荒らされた形跡もない。

SOSを伝える道具も残っているのでなにか事件に巻き込まれた形跡もないのだ。

アイリーンモア島で起きたミステリー。

3人の魂はいまどこで眠っているのだろうか?