地球上にも月と同じようにクレーターは存在する。

シベリアで発掘された巨大なクレーターは1949年に発見されたものではあるが

なぜこのようなものが出来たのかはいまだに解ってはいないのだ。


スポンサーリンク


大きさは群を抜いている

patomskiy-crater-0-10

このクレーターはシベリアのパトムスキーに存在しているが

その大きさは群を抜いている。

というのも直径が100メートルあり、さらにその深さは150メートルもあるのだ。

これは非常に大きいものでなぜこの地域に存在しているのかも定かではない。

しかも気になるのがこれは300年も前に出来上がったものであり、

最初は下に火山が眠っているためにその火山活動によって出来たものだと考えられていたが

パトムスキーにはそのような火山活動はここ数百年以上観測されてはいないのだ。

ということは火山によって作られたものではない。


スポンサーリンク


ウランの爆発説

このパトムスキークレーターが見つかった時にはウランの爆発実験によって作られたものだという説が一番最初に浮上した。

このような異様なクレーターは出来たのはそのウランの爆発によって出来たものだと考えるのが普通だったからだ。

しかし当初の目論みは外れ、この地域の放射線の量を測定したところウラン爆発のようなものは一切起きていないことがわかった。

ということはウランの爆発によって出来たものではないのだ。

隕石の落下

隕石が落下した衝撃でこのようなクレーターが出来たことはなんとなく推測する事が出来るだろう。

しかしもし隕石が地球の地面にぶつかったのであればその衝撃でこの地域一体が消滅していた可能性がある。

というのもこのクレーターの大きさは100m程度だが隕石の衝撃であればもっと大きな物ができても不思議ではない。

さらに隕石であれば宇宙に存在している物質が見つかるのだが、

それは見つかってはいないために隕石の落下説も否定される

では一体なぜ出来てしまったのか?

ではなぜこのような鷹の卵のような形のものが出来てしまったのか?

また300年以上前から出来ているのも関わらずなぜ1949年になるまで誰も気が付かなかったのか?

その正体は解ってはいないし、これまで数多くの研究がなされてきたがそれでもれっきとした解答を私たちは手にすることができていないのだ。