「ザ・シークレット:宝探し」

「The Secret:A treasure hunt」

これは1982年にアメリカで出版された本のタイトルである。

この本の中には12個の宝箱の在処が地図・怪文書で示されているのだ。

そして実際にこれまで見つかったのは2個。

ひとつは1984年にシカゴで、二つ目は2004年にクリーブランドで発見されたのだ。

残るは10個。

サンフランシスコ、ヒューストン、フロリダ、ニューヨーク、ニューオーリンズなどにあると言われており、宝箱が埋められている市の名前は解って入るが

具体的な正確な場所ははっきりとは解ってはいない。

このアメリカ全土に渡って埋められた宝箱にはどのような意味が隠されているのだろうか?


スポンサーリンク


宝箱を発見し、出版社に届けることで宝と変換出来るシステム

1982年に出版された本の中には

12個の序文、メッセージ、絵が記載されていた。

ヒントが隠された場所を探し出し、見事宝箱を見つけることができたらその宝箱を出版社に持って行くことで

宝と交換してくれるというものである。

このことから解るように、なにか異星人が残した宝の類いではないのだ。

あくまでもこれは出版社が開始した企画の一種ではあるが

当時は斬新だったので、見事に注目を浴び、拡散されることになった。

日本には和訳バーションが出版されたこともある。

また埋めた当事者のインタビューの掲載するなど散りばめられたヒントを積極的に提示する処置をとられているのだ。

より注目を浴びたことでこの本は大ヒットを記録することになり、出版社の思惑は見事成功したことになる。

ただの宝の地図というわけではなく、当時流行った歌・文化を取り入れたり

政治の風刺も見られることからエンターテイメント溢れる本となっている。


スポンサーリンク


これまで見つかった2つの宝とは?

mappu_usa
気になるのは

1984年にシカゴで、二つ目は2004年にクリーブランドで発見された宝箱。

その宝箱を出版社では一体なにと交換されることになったのか?

非常に気になるのは交換された宝は一体どのようなものだったのかは一切公開されてはいない。

この本を出した出版社は当時はそこまで売り上げを上げてはいなかったことから大した宝ではないのではないか?

と噂されることもあったが、この企画も出版社に持って行った宝箱を埋めた本人は実業家であり

年齢も高いことからかなりの富裕層だったことが推測されている。

そのためにもしかしたら金塊やドル紙幣で高額なものだったのかもしれない。

1982年に出版され、2004年に2つ目の宝箱が発見された。

その歳月は22年。

これほどまでにトレジャーハンターたちの心を動かした「The Secret:A treasure hunt」12の怪聞には

なにか人を惹き付けるミステリーが隠されているのだろう。

<関連記事>
幻の砂漠都市ペトラはかつて高度な建築技術をなぜ持っていたのか?

なぜ?頭部が無いのに1年半もあの鶏は生きていたのか?

死ぬまで仮面をつけ続けた囚人の正体は?なぜこの囚人は特別待遇をされていたのか