22.54.30

世界には様々なミステリーがある。

登っても登っても同じ階に毎回たどり着いてしまう
下っても、下っても同じ階に毎回たどり着いてしまう

そんな謎の階段がアメリカを騒がせているようだ。

私がなにを言っているのか、全く想像がつかないだろう・・・

ではこの画像を見て欲しい


スポンサーリンク


謎の階段とは・・・

22.54.34

22.54.39

22.54.43

22.54.50

22.55.35

22.55.39

22.55.51
(クリック拡大化)

わかるだろうか?

男性のリポーターが階段の上を登っているにも関わらず再び同じ階にたどり着いてしまうのだ。

続いて女性のリポーターがカメラを持ちながら階段を登っているが再び同じ階にたどり着いている。

こちらが問題の映像である


スポンサーリンク


詳細は一切不明

この謎の階段の詳細は一切不明である。
上ることも降りることもできない階段。

もしかするとこの男性のリポーターは双子で上手に演出をしているのか?
この女性のリポーターも双子で上手くタイミングを見計らってやっているのか?

すべてが編集技術によって取りまとめられているのか

その詳細は不明であるがもしこれが本当に実在する階段であれば、まさにミステリーだろう。

上っても上っても、降りても降りても再び同じ階に戻ってしまう、

まさに超常現象であろう。

以前、急な坂道になっている坂にサッカーボールを転がしてみると重力に逆らって昇っているように見える現象はあった。

それは手品なんかではなく、実際に坂道を駆け上っているというわけでもなく、単なる目の錯覚によって起こる現象であった。

しかしこの階段は実際に昇っているので錯覚ではなかろう。

不思議が不思議を呼ぶミステリー。

また解ったことがあったら追記していく。

<関連記事>
バークリーにある長さ80kmの謎の壁は誰がなんのために作ったのだろう

アメリカを恐怖に陥れたマンソンファミリー。若い女性の教祖として君臨した

未来には3Dプリンターでこんなモノが作れる!意外なものランキング