アメリカのジョージア州には「神の一部」と言われるモニュメントが存在している。

これを人々はガイドストーンと呼んでいるのだ。

神のメッセージと言われているこの石には人類に向けてのメッセージが刻まれている。

1980年にモニュメントとして作られたのだが人類の未来を示唆するものが多いために

様々な憶測を呼んでいる。

ガイドストーン


スポンサーリンク


一体なにが書かれているのか

このモニュメントはなんと8つの言語で10章が書かれているのだ。

1. 大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する
2. 健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く
3. 新しい生きた言葉で人類を団結させる
4. 熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する
5. 公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する
6. 外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する
7. 狭量な法律や無駄な役人を廃す
8. 社会的義務で個人的権利の平衡をとる
9. 無限の調和を求める真・美・愛を賛える
10. 地球の癌にならない – 自然の為の余地を残すこと – 自然の為の余地を残すこと

このように書かれている。

このように見るとなかなか示唆が富んだものだといえよう。

これは1980年代に作られたものであるが21世紀を迎えた現在では世界的にみたら人口増加の傾向にあり、食料危機の問題も生じている。

日本は少子化傾向に成るが他の発展途上国では一人当たりが生涯で生む子供の数である合計特殊出生率は高く、飢饉に悩まされている国も多い。

また3番目の「新しい生きた言葉で人類を団結させる」というのも国同士の境界線を無くし、

英語ではなくて世界の共通言語を作ろう!という風潮にも合致している。

経済発展のためにはある程度の自然を破壊してしまうことは仕方が無いことであり

それを辞めてしまうと経済の発展が止まってしまうのではないか?と言われているが人間自体が地球のガンとなってしまっている現在の経済と地球温暖化や水質汚染を見ると

10の「地球の癌にならない – 自然の為の余地を残すこと – 自然の為の余地を残すこと」も非常に内容が濃いものだと言う事が解る。

「神から人間へのメッセージ」といわれる所以はその正確さであろう。

今度先どのようなことが起き、どのような問題が生じるのかを事前に解った上でこのようなメッセージを送っているのではないか?と言われている。

ということはこのモニュメントを作った人はなにかしたら「神または地球外生命体」との接点があった!ということにもある。


スポンサーリンク


R.C.クリスチャンとは一体どのような人物だったのか?

このガイドストーンを作らせた人物こそR.C.クリスチャンであった。

R.C.クリスチャンが石工職人に依頼して作らせたものであるが

R.C.クリスチャンが一体どのような人物でなんのためにこのようなものを作ったのか?

は全く定かではないのだ。

しかしこのように正確に未来を予測していることからただ者ではないことは解るだろう。

R.C.クリスチャンから依頼された石工職人は彼の印象に関してこのように述べている。

「背が高く、非常にもの静かな口調で有った。時々なにを言っているのか解らない言語を話すためにきっとアメリカ出身のものではないのだろう。」

果たしてガイドストーンを作らせたこの人物は一体どのようなものだったのか?

詳しい正体を知ったものは、この世にはいないかもしれない