禁断の果実に手をかけた韓国・・・・・・。

古代より死者を生き返らせる秘術は禁止されている。

もちろんこれは動物も同じだ。
人類で蘇った者はいない(キリストを除く)が動物は簡単に生き返らせる技術はもう既に完成しているのだ。

裏社会人A裏社会人A

クローン技術は既に完成しているから、あとはそれを”どう使うのか?”だけなんだよね。

使われ方が良かったらいいけど、間違った使い方をすると本当に大変なことになると思う


スポンサーリンク


韓国が生み出したクローン技術

とある男は無くなった犬のペット「リフ」の復元する方法を求めていた。

「ペットロス症候群」という言葉があるように、
愛するペットの死が飼い主に与える精神的なダメージが大きく、そのダメージがショックとなり精神的な疾患に結びついてしまうことも少なくない。

そのとある男の夢を叶えたのは、「スアム生命工学研究所」である。

このスアム生命工学研究所では、クローン技術の研究所だ。

研究所によると、ここでは「体細胞核移植」と呼ばれる技術を用いてクローン犬を作っている。どういう技術なのだろうか。

21.09.03

まず、「代理母」となる犬の卵子からDNAを取り除き、そこに再生したい犬の皮膚や耳から取った体細胞核を入れ、電気を流す。

すると卵子は、体細胞核の持つ遺伝情報にアクセスできるようになり、そこからクローン胚が発生する。

それを代理母の子宮に着床させれば、あとは通常の妊娠と同じ。代理母の胎内でクローンが育ち、やがて生まれる。

ほ乳類として世界初の「体細胞クローン」は1996年、英国スコットランドで誕生した羊の「ドリー」だった。

スアム生命工学研究所も基本的にはそれと同じ「体細胞核移植」でクローン犬を生みだしているという


スポンサーリンク


クローン技術自体は元々あったものだが、、、

羊のドリー(1996年7月5日 – 2003年2月14日)は生物で初めてクローン化に成功した生き物だ。

2000年くらいにはクローン技術はある程度完成しており、現在は人間にも適用出来るほどの技術に進化した。

なので、犬のクローンが成功したところで、科学的にはなにも新鮮みはない。

しかし、このクローン犬は一般人からの依頼で作られたところには
真新しさはある。

命のビジネスという市場の誕生

クローンを依頼した人物は、
犬がガンだとわかったときからクローンについていろいろ調べていたようで、

結果的に民間人からの依頼でクローンを作ってくれる研究所にたどり着いた。

クローン犬の値段は「1000万円」である。

裏社会人B

つまり、お金さえあれば、動物の命は復元出来るということだ

現代では命に関わるビジネスに抵抗感や危機感を抱く人物も少なくない。
これまでは命産業はタブー視されていたのだ。

命は終わりがあるからこそ、光り燃えるのであり、
それを科学の力によってコントロールするべきではない。という考え方だったが、

このクローン犬の一件により、ますます注目度を集める結果となった。

いずれ人間に適用される可能性も

故人を「復活」させるためにクローン技術が適用されることは間違いなくあるだろう。

我々人類と機械が融合しあらゆる制限がなくなっていくのだが、
命にまで制限が無くなる可能性もあるのだ。

裏社会人A裏社会人A

公表はされていないけど既にクローン人間も作られているんだ。そのうちニュースで取りあげられるよ。部分的に取りあげられるようになるから注目しておいて

命産業ビジネスは世界中でこれからも注目を集めるだろう。

これまでタブーだったことがドンドン市場に出回るようになる。

生死をコントロールするのは、「科学」であり、科学が神となるだろう。

裏社会人B

クローン技術の最先端はドイツとアメリカ。つまり韓国よりももっと凄い成功事例が・・
おっと、、、、誰かが来たようだ

裏社会人A裏社会人A

今後、間違いなく人類にクローン技術が適用されることになるね

<関連記事:外部サイト>
【未来予測:第1回】2045年の命の在り方!生命の進化とデジタルクローンの存在