23.24.59
イタリアに住む”とある”家族には特別な遺伝子が埋め込まれている。

Marslisさん家族はなんと痛みを感じない

びっくりすることに骨折しても、針で突かれても痛みを感じないのだ。

裏社会人A裏社会人A

痛みを感じないことって本当にあるの?

裏社会人B

実は普通の人でも痛みを感じにくい人はいるんだ。でもMarslis家族は極端に痛みを感じないようで医学会にも注目されている。

痛みだけではなくて、辛味も感じないようだ


スポンサーリンク


その原因は遺伝子にあることがわかった

近年の遺伝子研究の進歩は凄まじい。

遺伝子をいじることでクローン技術を発展させたり、遺伝子操作で一部の能力が極めて優秀な人間を作ることもできる。

実際に韓国ではクローン犬程度なら、1000万円で作ることができており、ニュースでも話題になった。

<関連記事>
韓国が禁断の果実に手を出した!クローン犬の誕生で人間以外の生命をコントロール出来るようになった

イギリスロンドンのカレッジ大学で研究しているジェームズコックス博士は
Marslisさんたちは自分自身を燃やしたとしても痛みは感じないだろう。神経は存在しているのだが、ほとんど機能していない

痛みを感じさせない遺伝子をより深く研究する必要があり、これを普通の人に応用できないか?もっと注意深く研究するべきである

と述べている。

この特殊な症状を、家族の名前からMarslis症候群と名付けた。


スポンサーリンク


マウスで実験

prairie-dog-208539_960_720
Marslis家族からDNAを採取し、それをマウスに入れる実験が行われた。

DNAのゲノム中のタンパク質遺伝子をマウスに入れ込み、ZFHX遺伝子を突然変異させる実験だ。

特別な遺伝子を持ったマウスは、なんと” 痛みに強くなった”のだ。

裏社会人B

実験は成功したってことだね

裏社会人A裏社会人A

これを人間に活用すると本当に痛みを感じない人間ができるようだ

裏社会人B

これはBBCニュースの中でも取り上げられていたね

裏社会人A裏社会人A

もちろんこれを医学的に活かすことで病気で苦しんでいる人たちの手助けができると思う。これをもとにして新薬を作り出すこともできる。

裏社会人B

でも注意しないといけないのは、軍事利用に活かすことだね。全く痛みを感じない軍人はより大胆に、そして命を無駄使いしてしまう恐れがある。

遺伝子の科学技術の進歩は止まらない

科学をどう扱うか?いよいよ私たちのモラルが試される時がきたようだ。