旅先でも快適な移動手段が欲しい!でも、飛行機だと乗せることが出来ないし…
そんな快適な旅行をしたいあなたに朗報です、なんとスーツケースのように折り畳める電動スクーターが発表されました!

発表されたミニモビリティスクーター『Relync R1』は快適な移動手段を支援する為の電動スクーターです。

「Relync R1」スクーターは3秒で22インチのスーツケース相当のサイズに折りたたむことが可能で、ナビゲーションシステムやLEDライト、さらにリモートロックする追跡機能も内蔵している優れモノなんです!

知識人

万が一、盗まれてしまったときも現在地が確認できるので捜索も難しないですね。

旅先ではなにかと用心が必要ですからね。折りたたむことで屋外に駐車せず、客室まで持っていけるのも有難いかもしれません!

日本でもスクーターのパーツを転売しようと窃盗されることがありますからね。手元に置いておけるのは嬉しいです。

車やスクーターなど、快適な移動手段は身の回りに数多く存在しますが、車体の大きさから駐車スペースの確保が必須ですよね。

しかし、スクーターを製造する『Relync』はこの常識を覆すことを目指して、このRelync R1を開発。

ラスベガスで開催されたCESで披露された際も「ナビゲーションやLEDライトを搭載したことで、利用者の快適な旅に必要な要素をスマートにまとめられている」と高評価を獲得。


スポンサーリンク


スクーターがもたらす未来

スクーターというくらいですから『運転免許必須』という点がネックになりそうですね。

一般女性一般女性

なるほど、いろいろルールや法律も覚えておかないといけないですかね?

日本国内ならまだしも『外国では交通ルールを把握しておく必要がある』でしょうし、『国際免許の取得』も…でも、海外をスクーターで観光するのって浪漫を感じますよね!

Relync R1は競合他社ほどスムーズな動作ではありませんが、最もコンパクトで画期的なデザインであるかもしれません。

CES 2018でもこのデザイン性からInnovation Awards Honoreesの1つとして賞を獲得しました。

R1には以下の3つのモードがあります。

  1. 走行モード
  2. 折り畳みモード
  3. トロリーモード

CESでも3輪スクーターを折り畳む工程を実演し、そのコンパクト性を披露しました!

22インチのキャリーケース程のサイズで、バッテリーを含めて総重量23㎏。飛行機や列車に持ち込むことが可能なサイズであるため、活躍の場は多岐に渡るでしょう。

ナビゲーションシステムはBluetoothと接続するもので、端末をモニター代わりにリアルタイムで誘導することが可能ということです。
積載量は約100㎏まで、意外と力持ちのようですね。

Relync社によりますと「モビリティの援助を念頭に構築されていますが、R1は誰でも使用することができます」とコメントしています。

どうやら『海外には『原付』という区分がない国もある』みたいです。

しかし、国際免許の取得には免許証が必須。交通ルールを把握していないと痛い目を見ることに変わりないでしょう、いずれにせよ『事前に交通ルールをチェックしておくこと』は必須ですよ!

Relync社は新進気鋭のスクーター製造会社、R1が初の製品。ポータブルなモビリティ援助の提供を目指す方針には期待が膨らみます!


スポンサーリンク


オープンIoTで生活は変わる!

朝起きたら、AIスピーカーに「おはよう」と声をかけるだけで、朝ごはんが自動で作られたり、タイミングを見計らって外に出ると、自動スクーターが出発の準備万端でお出迎えしてくれる。

そんな世界が待っています。

これはオープンIoTという概念で、IoT製品が一つの規格上で操作できるようになります。

オープンIoTは要チェック。生活を豊かにしてくれるITに注目しよう

これからはITの時代です。様々な機器が私たちの生活をより便利に彩ってくれます。さらにそれぞれの製品にAI(人工知能)が搭載されれば、さらに便利な世の中になりますね!

裏社会人A裏社会人A

2018年はIoT元年になりそう!

裏社会人B

ハードウェアから、ソフトウェアまで色々な製品が登場しそうだね。2020年までにどれくらい普及して行くのかがIT産業の鍵を握るよ

一般女性一般女性

自分の居場所をスマホに伝えれば、スクーターが迎えに来てくれることってありえますかね??

知識人

十分ありえると思うよ!自動運転技術はかなり精度が高くなっているしね。Uberは空飛ぶタクシーを2020年にドバイ万博で披露しようとしている。そういった未来図が見えたから孫正義率いるソフトバンクはUberの経営権を買ったんじゃないかな?

私たちの未来はどのようなことが起こるのか?すごく興味が湧きますね!