古代オリエント最強の民族「海の民」

彼らの謎の生体に迫る。


スポンサーリンク


5つの種族で構成されている

東地中海沿岸

  • トゥルシア人
  • ルッカ人
  • アカイワシャ人
  • シェルデン人
  • シェケレシュ人

これらの人々で最強と謳われた海の民は構成されている。

かれらの共通点は「ルウィー語を話す」ということである。

海周辺部に生息する民族達で小さな集落がたくさんあったのだ、かれらはそこで生活をしていた。


スポンサーリンク


なぜ最強と謳われていたるのか

現在でも最強と謳われている民族であるのだがその理由は一体どのようなものであろうか?

  1. ミケーネ文明(ギリシャ)を崩壊
  2. ヒッタイトを殲滅
  3. エジプト王朝に大打撃を食らわせる

ミケーネ文明というのは貿易を通じ発見し、トロイヤ戦争によってイリロスを滅ぼした強国であった。

ホメロスの叙事詩「イーリアス」の題材にもなっているほどの大きな国として存在していた。

そんなミケーネ文明を海の民たちは滅ぼしたのだ。

さらに当時最強の東の国といわれたヒッタイトまでも滅ぼしたので有った。

かつてエジプトと同じくらい巨大な国と数多くの民を従えていたヒッタイトが
なぜその周辺に部に生息していた海の民たちの攻撃を防ぐことができずに滅んでしまったのか、

いまでも歴史マニアの間でも議論になっているほどである。

極めつけは「エジプト進出」である。

確かに結果的にエジプトの王朝をこれまでと同じく崩壊させることができなかったが
それでも超巨大国であるエジプトの文明を衰退させることには成功した。

ではなぜそもそもこれら文明を崩壊させることを目的として回っていたのか、
またその強さはどこから来るものなのか?

人間の本能が彼らを強くしたのか?

というのも強国が近隣に存在することは
それだけ周囲の民族、土地の人は飢饉に悩まされることとなる。

略奪は当たり前で、こちらは戦う術がなく、守るべきものの守ることはできなかったのだ。

そうなったときの選択肢は2つ

  1. 強国の属国となる
  2. 虐げられることを受け入れる

この2つしかなかった。

周辺民族は飢饉で辛い現状を打破するために
人間の本能を解放させ、強国に屈しない精神力を付け、

文字通り「死にもの狂い」になった結果、
海の民たちは歴史に名を残せるくらいの民族となったのではないか?と推測される。

強国を倒し続けないといつまた襲って来るかわらかない。

ならまず先にこちらから戦いを仕掛けていこうではないか!と考えたのではないだろうか?

謎は非常に多い

しかし極限までに追いつめられ人間の限界を突破したとしても

飢饉が進行していた地域民族にそこまでの力が出せるのか?
またなぜ強国とばかりに戦を仕掛けて行ったのかという本当の理由も全く解っていない

ただひとつだけ言えることは彼らは最強だということだ。

数々の強国の文明を破壊し、戦いを仕掛けて勝利を収める。

まさに覚醒された民族だと言ってよいだろう。
ちなみになぜ彼ら最強と謳われた海の民たちが絶滅していったかも解っていない。

幻の砂漠都市ペトラはかつて高度な建築技術をなぜ持っていたのか?

なぜ?頭部が無いのに1年半もあの鶏は生きていたのか?

死ぬまで仮面をつけ続けた囚人の正体は?なぜこの囚人は特別待遇をされていたのか