あなたはストックホルム症候群というものを知っているだろうか?

誘拐されてしまった女性が誘拐犯に恐怖を抱くのではなくてなぜか恋愛感情を抱いてしまうというものである。

このストックホルム症候群について今回はお話していこう。


スポンサーリンク


1973年の出来事

12397
初めてストックホルム症候群が観測された事件は1973年に起こった。

これは銀行強盗をした男が銀行内に人質とともに立てこもった事件がおきた。

警察との攻防によりその男は逮捕されたのだが後に人質に取られていた女性とその男は結婚したのだ。

人々は「なぜ女性はそんな男と結婚したのか」と衝撃が起こり一時期ではあるが社会的な問題として取り上げられることもあったのだ。

しかし心理学者からしてみたらそれは別に特別なことではないことも同時にわかった。

というのも恐怖を人々は抱くとそれから身を守るために固定概念が外れ易くなりその恐怖を楽しくしようとする心理状態が働くのだ。

自分自身でマインドコントロールをかけてしまうために本当は恐怖を感じるべきシチュエーションなのにも関わらず恋愛的な感情を抱いてしまう。

さらにこれは別に大きな事件によって引き起こされるものでもないのだ。

これは家庭内でも起こりうる。


スポンサーリンク


監禁事件でも良く起こりうる

監禁事件でも

「なぜもっと早く逃げ出すことができなかったのか?」と不思議に思う事件はあるだろう。

例えば11歳のときに監禁されてしまって20歳にときに9年ぶりに救出された!なんていうのは

海外でもある事件であり、日本でもたびたび見受けられる。

自分の家族が自分が居なくなってしまった事に対して心配していることも知っていながらもその犯人から逃げ出すことはない。

何年間も同じ場所にいたらその犯人の一瞬の目を盗んで逃げ出すことは全然可能だろう。

しかし自分の意志で逃げ出すという選択肢を取らないことは非常に多い。

やっとの思いで救出されたときにも「自分を誘拐した犯人が寂しがっていないか、心配である」

となんとも奇妙なコメントを残す事はある。

もちろんこのコメントはマスメディアでは放送はされることがないが

被害者の心の中には加害者に向けての心理的な愛着があるのがほとんどである。

「私が逃げ出してしまったらこの人はどうなってしまうのだろうか?」

自分の時間は奪われてしまっているのに相手に配慮を向けることがあるのだ。