H0000059949

モーゼの墓があるのは石川県にある宝達志水町にある三つ子塚古墳群

22.20.34

なぜモーゼは日本に来たのか?

40年の歳月をかけて、ユダヤの民衆をイスラエルへと導いた後、シナイ山に登り、そこから天浮船に乗り能登宝達山に辿りつき583歳まで余生を宝達山で過ごし、三つ子塚に埋葬された

昭和に発行された「光は東より」と「竹内文書」の内容を簡単に説明すると上記のような言葉に成る。

モーセはわざわざ船に乗って日本国にやってきた。

このように見るとたまたま船を出し、日本に到着したかのように思われるのだが
実は決して偶然ではない

古来からユダヤ人とイスラエルと日本は深い関係性・繋がりがあるのだ。

「イスラエルの失われた10支族」のなかのひとつの種族は実は日本人ではないかと考えられる。

また
あなたは『日ユ同祖論』という言葉を知っているだろうか?

日ユ同祖論とはユダヤ人と日本人は実は同じ祖先であるという説である。

このようにモーゼがイスラエルに到着し、安定の地をユダヤに与えた後に
日本に来た というのはなにも不思議なことではない。

また古来の世界の中心は日本だったのではないか?という説もある。

世界はロスチャイルドとロックフェラーの覇権争いだと言われているが
ロスチャイルドは日本の京都を世界に中心とする世界を築こうとしているのだ。

古来世界の中心は京都にあり、京都からすべてが始まったと信仰する民族が数多く存在する。知らないのは日本人だけだ。

日本とイスラエルの関係について少しだけ言及しておくと

イスラエルの神様「ヤーハウェ」に関する歌も日本に存在している。

その歌とは「かごめかごめ

日本語の文法では正確にかごめかごめを読み解く事はできない。
しかしヘブライ語で読むと非常にわかりやすい文章に成るのだ。

(ヘブライ語の発音と日本の発音は非常に似ている)

22.33.54

かごめかごめには諸説あるが、ヘブライ語の発音に訳してみるとこのようになるのだ。

これを簡単に説明すると

すべての宗教をなくしてまた一から世界が統一するような宗教(世界)を立ち上げましょう
である。

イスラエルにはこんな言い伝えがある

「ヤーハウェは東から来る」、世界でもっと東なのは「日本」

宗教的な享受が全く行われていない場所から真の救世主は現れるというわけだ。

その世界的にも活躍が期待されている日本という国にモーゼの墓があったとしてもなんら不思議なことではないのだ。

いかがだろうか?

モーゼの墓は戦後アメリカのGHQが掘ったことは文献にもしっかりと残っているために骨などはアメリカが回収した。

日本とモーゼの関係、日本とイスラエルの関係は実は深くで繋がっていることがわかる。

さて、世界はどこへ向かって行くのだろうか?そしてそのときに日本が果たす役割は一体なんなのだろうか?

<関連記事>

⇒横田めぐみさんが拉致されたのは北朝鮮と日本の皇族を血を引いていたから?

⇒意外や意外?日本にも存在する海底遺跡 与那国島に鎮められた文明の跡