kamaitachi
ただ道を歩いているだけで
身体の一部に傷がついているという現象が各地で度々起こっている

なぜこのようなことが起こるのか?
これは妖怪「鎌鼬(かまいたち)」のせいではないか?とまことしやかに言われている。

現代科学では解説することができないなにかがそこには隠されている。


スポンサーリンク


妖怪「鎌鼬」とは

鎌鼬(かまいたち)という妖怪は古くから東北地方、信越地方の民間伝承の妖怪として知られている。

地方によってその存在の意義や鎌鼬の姿は異なっているのだが、鎌鼬(かまいたち)に共通していえることは「人を切って傷つける」というものだ。

もちろん有害な妖怪と捉えるものの居れば、

「鎌鼬(かまいたち)は人を傷つけることはあるが痛みもなく、人間には見えない傷を作るので傷を視覚出来るものはいない」という人もいる。

有害・無害 両方の側面を持つ妖怪ということだろう。

江戸時代には鎌鼬に皮膚を切られ、骨まで見えてしまうほどの傷を負った人もいると古本に記載されている。


スポンサーリンク


ではなぜ鎌鼬現象が起こるのか

鎌鼬(かまいたち)現象は自分では気がつかない間に自分の身体に傷を付いている 現象のことを指す。

その傷口というのはまるでなにか刃物でスパッと切られているような感じである。

鎌鼬(かまいたち)は歯切れの良い刀を持っていると伝承されているのでこのような鎌鼬(かまいたち)現象という名になったのだ。

ではそれはなぜ起こるのか?

本当に人を傷つけるような鎌鼬(かまいたち)のような妖怪が存在しているのか?

古来から伝わるような妖怪話は現代の人々は信じることができないだろう。

しかし自分の身体に身知らぬ間に傷がついている現象が起こっていることを無視することはできない。

気圧の変化に原因がある?

鎌鼬(かまいたち)現象を紐解くものは意外かもしれないが「気圧の変化」にある可能性がある。

というのも気圧が乱高下したり、急に変化をすると

研究者研究者

人間の身体、特に皮膚の細胞はそれについていくことができずに刀で切られたような傷口が出来るのではないか?と考えています。

鎌鼬(かまいたち)現象が起こるのが寒い地域で起こる。

雪国で起こる、凍傷やあかぎれの一種だと噂する人もいるが、寒い地域でも、鎌鼬現象が起こるところと起こらないところがあるため、気圧の変化だけに原因があるとは言えない。

さらにただ気圧が変化していくだけで人間の皮膚の細胞がぱっくりと割れてしまうのだろうか?もしそうならなぜ鎌鼬現象は女性よりも男性の方が多く見られるのだろうか?

この気圧の変化に原因がある!と早急に決めつけてしまうのは少し結論を急ぎ過ぎているように思える。

3種類の神様の仕業?

鎌鼬は3種類の神様の総称だと言い伝えられている地域もある。

人をわざと転ばせ、皮膚を切り裂き、その傷に薬を塗る。

それぞれの役割を担う神様の相性だというのだ。

イイズナが正体説

雪国に生息する「イイズナ」が正体だ!だと唱える人もいるが、イイズナが人の腕を切り裂くのであればその存在に気がつくだろう。

鎌鼬に切られる部分はお腹やお尻など服で隠されている部位にもできるためイイズナが原因だというのが早急だと言わざるを得ない。

さて、カマイタチ現象に関しての本当の原因は突き止められていない。

もしかしたら原因が突き止められないのは妖怪である鎌鼬がなにか関係している可能性がある。

そっと風の中に入り込みながら この妖怪は不気味な笑顔を浮かべ、あなたを狙っているかもしれない。

<関連記事>
マイケルジャクソンのネバーランドには亡霊がいる?踊り続ける運命に翻弄された人生

【悲報】ヴィンランド地図は偽物であることが発覚

火星で見られる古代エジプトのような建物たち。我々人類の祖先を紐解く鍵となるか