afwqq
栄養ドリンクを飲み続けると、結果的に集中力がなくなり、糖尿病になる!と聞いたらびっくりするだろうか?

現代人は疲労が溜まりやすい傾向にある。

ストレスや体の疲れがたまっているなかでもやる気や仕事でも生産性を引き上げるためのよく飲まれるのは
栄養ドリンクではないだろうか?

確かに栄養ドリンクを飲むことで

やる気が出る
集中出来る
リフレッシュ出来る
と思っている人はいるかもしれない。

しかし栄養ドリンクを飲むことで、体力や気力が「プラス」されるわけでは決してないのだ。

愛飲している人にはぜひこの真実を知ってほしい。


スポンサーリンク


ただ血糖値が上がるだけ

栄養ドリンクには大量の糖質が入っている。糖質を摂取することで血糖値が上がるのだ。

さらに栄養ドリンクには大量のカフェインも入っているために、集中力が増した!体力が増した!と勘違いをしてしまう。
これが真実である。

実際にはただカフェインを摂取し、血糖値が上がっただけ。

ビタミンやポルフェノールを配合しているものもあるが、基本的には糖分とカフェインが主な成分である。

ポイント
ドリンクを飲んで元気が出た!と思うのは勘違い。

血糖値が一気に上がることで、今度は一気に下がるのだ

このようにジェットコースターのように上がって・下がってを繰り返して行くうちに、

栄養ドリンクが手放すことができない」状態になる。

糖質の摂り過ぎは集中力の低下やイライラ、
不安感、憂うつになるなど神経伝達物質やホルモンの影響で脳がうまく働かなくなり、
それらの症状を引き起こすのです。

普段から飲んでいると、糖質中毒になってますます疲れやすくなり、集中力が低下する可能性がある。

そしてそれを補うように、また栄養ドリンクに手をかけるのだ。

裏社会人A裏社会人A

糖質依存はあまり知られていないけど知らず知らずのうちに結構陥っている人は多いよ

裏社会人B

糖質は癌の原因になるから取り扱いに気をつけないといけないね


スポンサーリンク


栄養は食事から

栄養補給の基本は正しい食事である。

ドリンクでしか摂取出来ない栄養素は存在いない。
人工的に作られたものではなくて、もっと基本的な食事から見直すことが必要なのだ。

研究者研究者

一時的な健康を求めるのはやめましょうね!

過去には死亡例も・・

過去にカフェイン中毒となり20代男性が死亡してしまった

致死量のカフェインを摂取していたようだ。もちろん必要以上に摂取することでどんな成分も健康被害を引き起こす。

このような例は例外的な事件 なのではないか?と思われる人も多いだろう。

しかし私はこのようなカフェイン中毒となり死亡してしまう事例を特別とは全く思わない。

現に疲れた時に栄養ドリンクを飲む人は増えてきているし、様々なドリンク・粉末・カプセル・錠剤は販売されている。

疲れたときに回復する!というような広告宣伝もされているだろう。

しかし実際には回復するだけではなくて、疲労を先延ばしにしているだけなのだ。

一時的に体力が戻ったかのような効果をなまじっか感じてしまうために
徐々に中毒化していく。

栄養ドリンクでの補給とは
疲労を先延ばしにしているだけ。先延ばしにした分、感じる疲労は重くなる。

健康状態が悪い人に対して、
糖質を控えるように
とアドバイスしただけで、健康状態が回復した例もあるのだ。

私たちが日頃から健康に良い!と言われているもの、健康を促進しているモノも
実は逆に私たちの体を蝕んでいるものが多く存在している。

不可解なもの、摩訶不思議なもの、霊的なものは直接私たちに被害を加えることはない。

最も敵対するべき敵は私たちの日常に潜んでいるのだ。

<関連記事>
⇒胸焼けや胃の痛みを感じたときには胃薬は飲んではいけない!!

⇒風邪対策で有効なのは「うがい薬」を使ってうがいをしないことである