wafwf
油の濃いものを食べた後に胸焼けを感じることはあるだろう。

アルコールを摂取するとゲップとともに胃酸が口元まで逆流して来ることはないだろうか?

その際に良く飲まれるのが胃薬だ。

しかし胃薬を飲むと逆に胃の調子が悪くなることを貴方は知っているだろうか?


スポンサーリンク


胃薬の目的は?

そもそも胃の粘膜を修復することは薬ではできない。

では胃薬の働きはどのようなものなのか?

それは胃酸の分泌量を減らして行くことである。

つまり胃酸の分泌を減らして行くことで、胸焼けや胃もたれを軽度していこう!というのである。

別に傷が回復されるわけでもなければ、胃の粘膜が分厚くなるわけでもない。

「薬」という文字を読むと、体を元気にしてくれる!イメージはあるがそれは大きな間違いなのだ。


スポンサーリンク


飲み過ぎてしまうと・・・

困った時に、胃薬を!
こんなキャッチコピーを広めたら製薬会社は大喜びだろう。

胃薬を継続的に飲んでも胃の機能は改善していくどころか、逆に胃を弱らせてしまいかねない。

胃薬は胃酸の分泌を減らして行くだけなのだから、

結局それを飲み続けていると、胃酸の分泌量が減り過ぎてしまうのだ。

胃酸過多は聞いたことがあるかもしれないが、
胃薬の飲み過ぎで、胃酸過少で悩まされる人が増えてきている

過少になると・・

本来であれば消化されるものがいつまで経っても胃の中に残っているために

卵が腐ったような口臭になりやすくなり、さらに食べ物が残るために胃の負担も増えてしまうのだ。

そして胃が疲れやすくなったりする。

胃酸のコントロールは自律神経がやっているが、薬の飲み過ぎで自律神経のバランスまで崩れやすくなってしまうと噂されている。

すべてをほどほどにすることが大切

これは当たり前のことだ。

どこかに支障が出ているということは支障が出る行動をしているからである。

健康を維持するために無理な食事制限や無理な運動をする必要はない。

すべてはほどほどにするべきなのだ。

現代人は薬に頼り過ぎている。薬は西洋から伝わって来ているが西洋人が病院に行っても実は3割の病気にしか薬は処方されていない。

外傷・ウイルスなどで緊急を要するものにしか薬は投与されないのだ。
その他は自己免疫システムを向上させるような治療がなされる。

しかし、日本では違う。病院に行けば必ずと行って良いほど薬が出されるだろう。

薬を開発し病院に販売しているのは多国籍の製薬会社。

日本人はこれらの多国籍の製薬会社のいわば、奴隷と化しているのだ。

なにかと言えば薬、薬、薬。

精神病になるのは精神病薬を飲んでいるから。
ガンが治らないのはガンの治療薬を投与されているから。
糖尿病患者が薬を手放すことができないのはインシュリンの注射を打っているから。

一番の病はなにかと薬に頼ってしまっている日本人の精神なのかもしれない。

裏社会人A裏社会人A

健康産業は規模が大きいから潰すことはできないし、新しい情報が入って来にくい。
体に良いと思っても実は害だった!なんてことはしょっちゅうあるんだ

裏社会人B

胃薬は胃に悪いってなんかすごい話だよね。

⇒風邪対策で有効なのは「うがい薬」を使ってうがいをしないことである
この記事も非常に興味深いよ