moon-1527501_960_720

太陽が月に覆われることで部分的、あるいは全面が覆われる皆既日食という現象をご存知の方は多いと思いますが、実は月も同様に『皆既月食』という現象が起きていることがあります。

そして、皆既日食が2018年1月31日に発生することが判明しました!

皆既月食は、太陽・地球・月が一直線に並んだタイミング

月が地球の影に入ってしまったときに起きる現象です。

月が発光して見えるのは太陽の光を浴び、屈折光が地球側に届くことによるもので、月食が発生するのも太陽の光が当たりやすい満月の時期にだけ見られます。

「でも、月が地球の影に入ると新月のように見えなくなるのでは?」

裏社会人B

影に入っても真っ暗にならないんですよ。これは私達が明るい場所に立っても、影の中が完全に暗くならないことからも解りますよね。


スポンサーリンク


赤銅色のように鈍く輝く

eijia2
月が地球の影に入ると、その表面は赤銅色のように鈍く赤黒い色に変化したように見えます。

数年に一度見られる皆既月食ですが、その色合いから不吉な予兆だと捉えていた先人達は『ブラッドムーン』や『ウルフムーン』と名付けていました。

知識人

初夏に観測される、うっすらと赤く染まった月は『ストロベリームーン』と呼ばれ、幸運を呼ぶなんて言われているんですよ!


一般女性一般女性

同じ赤い月でもそんなに違うんですか?


知識人

ストロベリームーンはややピンクがかって見えるから『恋を叶える月』なんて言われていますから…

一般女性一般女性

名称も由来も恋愛色が強いですね…


ストロベリームーンはややピンクがかって見えるから『恋を叶える月』なんて言われていますから…。」

2018年の1月は暦月で2度満月が見られる『ブルームーン』と呼ばれる状態で、1月31日が二度目の満月の日。

ブルームーンのタイミングで月食が発生するのは非常に稀なケースで、ブルームーンと皆既月食が同時発生したことが最後に観測されたのは1866年3月31日。

次回と予測されている同時発生日が2028年12月31日と、10年後になってしまう可能性も……月食自体は年に2~4度発生していますが、今年の皆既月食は見逃せないものとなるでしょう!

一般女性一般女性

あれ?ブルームーンって青く見える月のことじゃないんです?


知識人

大気中の塵によって青く見える場合もありますが、満月の発生するタイミングや宗教的な意味合いも出てきたんですよ。場所によっては12の暦月を色で分類していた地域もありますし

一般女性一般女性

つまり現在は『諸説あり』ということですね。


スポンサーリンク


日本でも観測可能!

月食を観測する為には、日食のように観測に最適な場所へ行く必要がありますが、今年は北米の一部を含んだ中央アジア、東アジア、インドネシア、ニュージーランドやオーストラリアで見ることが可能です。

もちろん、東アジア地域に分類される日本でも観測出来ます。

日本時間では20時48分頃から部分食が始まり、21時50分頃から皆既食が開始
およそ1時間弱で皆既月食は終了し、部分食の発生時間と合わせれば月食はおよそ4時間になります。。

「しかも今年は3月31日にも2度目の満月が観測できる。ブルームーン自体は2015年7月に観測されて以来で、滅多に観られるものではないんですよ」
「月は世界規模で吉兆を図るものとしていただけに、今年はなにか起きるのかもしれませんね!」

皆既月食を観測できる時間も無理せず済むので、この機会に観測してみるのはいかがでしょうか?