wfwqf

未確認飛行物体や宇宙人が古来に居た壁画などは数多く見つかっている。

しかし現実の世界で宇宙人は姿を人前には表していない。

ではなぜこれほどまでに宇宙人の存在は視覚的にリアルに捉えることができていないのか?
考えたことはあるだろうか?

私は、実はもうすでに地球上に宇宙人は存在しているが、
人間には見えていないのではないか?と考えている。

なぜそのように言い切ることが出来るのか?
鎖国の日本を開国を迫ったペリーとその黒船の到来と当時の日本人について少し話したい。

「黒船」を捉えることができなかった

神奈川、現在の浦賀に巨大な船が到着した。

開国を迫ったペリーが乗っていたのは、黒船と呼ばれた。

当時の日本人からしたらこの黒船は異常なまでに大きく、このような大きな船が海に浮かんでいることは想像することはできなかった。
想像の範疇を越えていたのだ。

当時の日本人がペリーが乗っている黒船についてどのような反応を示したか?をあなたは知っているだろうか?

実は、日本人の3分の2以上の人たちは、

この黒船を「見ること」ができなかったのだ。
目の前に船が存在していても見ることができなかった。

目の前にいたとしても、存在していたとしても、

自分の想像を超えているものは「見えない」反応を脳は惹き起こす。

想像を超えた存在は脳はなかったものとみなすのだ。

目は視覚で捉えたものをありのままに脳に伝達するが、脳の処理によってなかったこと・見えなかったことにすることで

想像の範疇を越えた存在について拒否反応を起こす。

人間が人間であるための防衛本能を引き起こす傾向になるのだ。

いまはもうすでに黒船よりも大きい船はたくさん存在しているし、写真でみてもすぐに船だとわかるだろう。

それは時代を経て科学の進歩を順に目の当たりにしているから「見える」のである。

黒船への反応から推測出来ること

身長が低くて手が長く、目が大きくて灰色の色をしている宇宙人。

この宇宙人にもしかしたら私の意外と近くにいるかもしれない。

もしかすると宇宙人には私たちのことを見えているが、私たちだけが宇宙人を捉えることができていない可能性がある。

自在の空を自由に飛び立つ科学技術にはまだ私たちの科学は発達していない。

だからこそ、本当はそこになるのだけれども、見えないことになっている可能性がある。

今の地球人がみる宇宙船は当時の日本人からみた黒船と全く同じなのではないか?

アバターは必然的に作られたものだった

crf22213

世界初の3D映画として公開されたのは「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)だった。

世界的に公開され、興行収入は2518億円である。

ではなぜ初の3D映画がアバターだったのか?考えたことはあるだろうか?

ジェームズ・キャメロン監督は以前から宇宙に関する映画を数多くとっており、

「実は宇宙人と密接に繋がっているのではないか?」と噂されている。
アメリカ政府から巨額の資金を受けて映画を撮っていることも暴露されている。

世界が注目する3D映画の1本目をアバターという異星人にすることでより注目を集め、
地球人に対して「宇宙人の存在を認識させる」ことが目的だったのではないか?と考えられる

肌の色が白・黒・黄色の存在以外にそれ以外の色の知的生命体は宇宙にもいることを暗示したかったのではないか?

このように映画やマスコミを通じて、少しずつ未知成る生命体についての知見を深めようと国家絡みで計画しているのだろう。

この話を信じるか、信じないかはこれを最後まで読んだあなた次第だ。

ところで映画アバターのキャッチコピーを知っているだろうか?

観るのではない。そこにいるのだ。

見えていないのは私たちだけだ!とジェームズは暗示しているのかもしれない