oceans-


スポンサーリンク


スウェーデンの探検家が発見した

4.47.00

海底から3-4m(10-13フィート)の高さまでせり上がっていて、側面は丸く、エッジは凸凹だ。トップには中に入れる卵型の穴が口を開けている。さらに物体のトップには小さな焚き火跡のような、妙なストーンサークル(環状列石)も確認された。その石は煤(すす)のようなもので覆われていた

4.51.58

写真で映し出されたものをカラーで解析してみるとこのような感じになる。

まさに高度に発展した文明の人々が使っていそうな乗り物にみえるだろう。

スターウォーズなどの宇宙を題材にした映画でみられるような飛行船がまさかの地中海の海の底に沈んでいるのだ。


スポンサーリンク


軍事兵器かなにかではないのか?

アメリカやロシアが作った軍事兵器がここに不時着陸し、海の底に沈んでしまったのではないか?

という意見が出るかもしれない。

しかしこれまでアメリカやロシアが開発した飛行船がこの場所に落ちたという報告は一切ないのだ。

またさらにこれがアメリカ・ロシア・中国が作った最新の兵器であまり人に見せることができないほどの乗り物だったとしたら

間違いなく極秘裏に回収されているはずである。

現に海の底から掘り起こされたものや発見された巨大な海の生物などは勝手にアメリカが来て回収したケースもある。

ということはこの海に沈みっぱなしという時点でその可能性は否定されるのだ。

海底の約90メートルのところに沈んではいるが、

たったの約90メートルくらいであればすぐに科学力を使うことですぐに掘り起こす事が出来るだろう。

14000年前のものだとわかった

この飛行船のようなものはなんと今から14000年前のものであることがわかったのだ。

14000年前というと地球はまだ氷河期の頃であったためにこのような飛行船のような乗り物を作ることなどできなかったはずである。

いや作るどころか、想像することすらできなかったはずだ。

ということはこれは地球外の生命体が乗った乗り物がたまたま地球のバルト海に不時着してしまい、そのまま海に沈んだ可能性がある。

これはかなりオカルト的なものではあるが、

14000年前ということが解ったのであればその可能性が一番高いだろう。

もしくは現代よりもかなり発展した時代がありそれが

なんらかの理由によって人間が消滅してしまった、その過去の遺物である可能性もある。

また詳しいことが解ったら追記していこう。

バルト海に沈む謎の物体、その真相はいかに・・・・