ヒトラーのホロコーストはあまりにも悪名高いが、実はユダヤ人は2000年以上迫害され続けていたことを知る人は少ない。

では迫害され続けていたのか?そしてどのような過程で今の世の中のトップに躍り出たのか?これを知ることで世の中の仕組みが垣間見れるだろう。


スポンサーリンク


キリストを処刑したから

なぜ迫害を受けるようになったのか?そのキッカケとして一番わかりやすいのは、

キリストを処刑したから」である。

ユダヤ教はキリスト教よりももっと厳格であり、厳しい。

キリストの考えはユダヤ教よりももっと規律が緩く、当時の人々に受け入れられていたのだ。

それをよく思わなかったユダヤ人たちはキリストを誘拐し、襲い、ローマ帝国へ差し出した。

ローマ帝国もキリストの存在を疎ましく思ってはいたが、ここでキリストを処刑してしまうとローマ帝国がキリスト信者たちに恨まれてしまう。

そのためにローマ帝国が処刑をするが、処刑のキッカケとなったユダヤ人たちに罪をかぶせるように仕向けたのだ。

心の神としてキリストを挙げめていたキリスト信者たちはユダヤ人を迫害し始めたのだ。

これが最もわかりやすい迫害の理由ではあるが、これが全てではない。なぜならキリストが処刑される前からユダヤ人たちは迫害を受けていたからである。

続きを見ていこう。


スポンサーリンク


最も卑しい職業をしていたから

キリストを処刑した罪に問われたユダヤ人たちは自由に職業に就くことができなくなった。

そして宗教上、最も卑しく身分が低いものが行うとされるユダヤ人たちは「金融業」を行うことになったのだ。

世界トップの財団であるロスチャイルド家が生まれたのはこのような背景があったからである。

お金を貸すときに利子をつけることにより時間が経てば一気に金利として大きな金額が手に入る。そしてそれを元手にさらに人に貸し、高い金利を手にすることができ、財閥となったのだ。

ヒトラーはユダヤ人の可能性を感じていたから迫害した

ヒトラーは誰よりもユダヤ人たちのポテンシャルを感じていたに違いない。

「もしこのままユダヤ人たちを放置していたら、世界は確実に乗っ取られてしまうだろう」と危機感を感じたヒトラーはアウシュヴィッツ強制収容所にユダヤ人たちを集め、毒ガス実験をしたのだ。

金融業を生業とし、頭角を現していたユダヤ人たちを無視することはヒトラーにはできなかったのだ。

それくらい高い知能と高いサバイバル能力を持っていたが故に迫害されたのだ。

ユダヤ人たちが迫害され始めたのは紀元前を遡るが、もしかしたらヒトラーよりも前にユダヤ人たちの可能性に気づいた人間がいたからこそ、ずっと迫害を受けていたことも多いに想像がつく。

何も理由もなく、「キリストを処刑する罪を押し付け」、「ホロコーストの対象する」ことは絶対にない。

ユダヤ人の脅威がそこにあったのだ。

迫害されていた歴史がユダヤ人たちを支えている

数千年にわたり、迫害を受けていたユダヤ人たちは生き残るために知恵をつけるようになった。生き残るためには頭を使うしかないと考えていたため他の民族よりも頭脳係数が高くなったと考えられる。

例えば、ユダヤ教の教え(おしえ)に関してもそうだ。

ユダヤ教は民族宗教であり、ヤハウェとメシアを神として崇めているがユダヤ教が成立されたと言われる紀元前500年からユダヤ人は住む土地を転々としており、当時から他の民族に嫌われていた。

ヒトラーが行なったホロコーストのような悲劇は紀元前からあったのだ。

そのためユダヤ教の教えをなんとか後世に伝えようとし、口頭で教えを伝えていたのだ。

口頭で長い文を読み上げ、そしてそれを記憶する。

絶対に忘れることはならず、そのためにユダヤ人たちは当時の民族の中で最も記憶力が良いと言われていた。

キリスト処刑の罪を着せられて行い始めた金融業に関しても、金融工学を作る必要があり、そのため頭の良さを磨かなければならず、結果として高い知能指数と莫大なお金を手にすることになったのだ。

命の危機に直面したときに、人間は本能的に力を引き出す。

ユダヤ人は長い歴史上、常に厄介者扱いをされていたので、ずっと人間の本能的部分を呼び覚ましていたのかもしれない。

職業の中で最も卑しいのは「金融業である」とキリストに教え込んだのも、もしかしたらユダヤ人だったとしたらどうだろうか?

キリスト処刑の罪をわざと被り、結果的に自分達に金融業が押し付けられるようになれば莫大な富を築くことができる!と確信した頭の切れるユダヤ人がいた可能性はある。

ユダヤ人が世界の中枢を担っている

金融業ロスチャイルド、石油王ロックフェラー。

世界の出来事の96%はこの2大財閥が決定しているのだが、彼らも実はユダヤ人なのだ。

ユダヤ人の人口はたった0.2%なのにもかかわらずノーベル賞受賞者は全体の20%にも上るのだ。

これだけ高い知能数を持ったユダヤ人は現代の社会を牛耳っている。

実は金融ユダヤは日本の天皇や日本銀行とも繋がりが深い。
「→日銀とユダヤ人の繋がり 日銀は天皇のモノ?ユダヤが世界金融を牛耳っている

詳しくは関連記事を読んで見てほしい。

再び、迫害の歴史を連鎖する

迫害され続けたユダヤ民族が一気にこれだけの権力を持った昨今、ユダヤ人に対する中傷が多くなり、中には恨みすら感じている民族も多いだろう。

金融資本という絶対的な力の均等が崩れないように、ロスチャイルドもロックフェラーも必死だ。

もし何かのきっかけで金融資本に価値が無くなったときに、ユダヤ人たちをよく思っていない連中に、また迫害されるようになるだろう。

紀元前から迫害を受けていたユダヤ人はもしかしたら、今の地球人よりも前の時代で支配者となっており、その支配が崩れたために、迫害を受け始めたのかもしれない。

迫害の歴史はまた連鎖するのでは?と勘ぐってしまうのは私だけではないはずだ。

世界はどのように動いていくのか?ユダヤ人たちの動向を知るためにはユダヤ人の真のルーツを知らなくてはなるまい。

<関連記事>
真実味が増して来たヒトラーの予言!予言が現実となる世界で何が起こるのか?

「時代が独裁者を作ったのだ」ヒトラー、スターリン、ムッソリーニは時代が生んだのだ

詳しくは関連記事を読んで見てほしい。

ユダヤの闇は世界の闇である

本記事では、なぜユダヤ人が迫害されていたのか?に迫ることが目的だ。

しかし、実はなぜユダヤ人が迫害され、差別され続けてきたのか?全く不明なのだ。迫害の歴史は2000年以上遡らなくてはならず、正しい資料も何一つ残っていない。

ここで疑問が生じる。

「なぜ資料が残っていないのか?」

もしかしたらユダヤ人迫害の歴史や世界の闇であり、そこに光を差し出してはいけないのかもしれない。

我々地球人は第3世代と呼ばれており、はるか彼方に発展した我々祖先は滅亡したと言われている。

その我々の真の祖先の歴史にタッチする出来事がユダヤ人迫害と密接に関わっているからこそ、「資料が存在しない」可能性が高い。

何も理由なく民族が差別されることは決してない。

紛れもなく理由はあるが、絶対に表向きには出せないシロモノなのだ。
<関連記事>
真実味が増して来たヒトラーの予言!予言が現実となる世界で何が起こるのか?

アメリカでは誘拐児童が年間80万人!犯人はイルミナティー?闇に切り込む

ヘブライ語と日本語の密な関係性から見るユダヤ人と日本人の奇妙なまでに多い共通点

日銀とユダヤ人の繋がり 日銀は天皇のモノ?ユダヤが世界金融を牛耳っている

悪魔の数字666が支配する世界!18に込められた意図 Google/Apple/Ripple