誰でも一度は最後の晩餐の絵を見た事が有るだろう。

これは死を予期したイエスキリストとその弟子達が
最後に食事をしているシーンを描かれた。

しかしこれは近年否定されつつあるのだ。

この最後の晩餐に隠された本当の意味を今回お話ししていこう。

レオナルドダヴィンチの作画

最後の晩餐

レオナルドダヴィンチが書いたとされるこの絵。

これは世界の文化遺産としても登録され、
芸術品としてだけではなくイエスキリストの謎を解き明かすものではないか?とも言われており

古代の文明を現代に伝える文化的な遺産でもあることは知っているだろう。

近年ではレオナルドダヴィンチはこれらの作品を通じて「あること」を後世に伝えていたと推測されている。

「ダヴィンチコード」という映画があり、最後の晩餐にも多くの秘密が隠されていることが解っている。

しかし従来とは違う本当の意味だった

描かれている人物達が食しているものは

  • 果物
  • パン
  • ワイン

イエスキリストとの最後の晩餐でこれらの食べ物を食べていることは見て取れるのだが、

彼と彼の弟子達が食べているのはこれらの食べ物ではない
これらの食べ物はある意味で「暗喩」なのだ

どういうことなのか?説明したい。

聖書にはこのような記載がある。

「わたしは命のパンである。あなたたちの祖先は荒れ野でマンナ(神が民に与えた愛の食べ物)を食べたが、死んでしまった。しかし、わたしは、天から降ってきた生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである」(第6章46節)

「人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内に命はない。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる。わたしの肉はまことの食べ物、わたしの血はまことの飲み物だからである。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもいつもその内にいる」(第6章53節

ん?

どういうことだろうか?

この文を見たあとで最後の晩餐を見ると本当の意味がわかる。

つまり、これはどういうことかというと

描かされている食べ物は実はイエスキリストの肉体だった!ということだ。

つまり最後の晩餐では自分の弟子に「自分の肉体」を食べされている絵なのだ。

近年この説が有効となっている。

自分の肉体をパンや、魚、果物、自分の血をワインと見立ててそれを弟子達に振る舞うことで
自分の魂、命を弟子達に吹き込んでいる。

人間が生きるということはなにかしたらの犠牲の上に成り立っている。

そのことをレオナルドダヴィンチはイエスキリストを通じて私たちに問いかけているのだ。

ただ表面だけに囚われることなく、
もっとその絵が描かれた背景を知ることで本質的なものの見方をすることができるだろう。

<関連記事>
幻の砂漠都市ペトラはかつて高度な建築技術をなぜ持っていたのか?

なぜ?頭部が無いのに1年半もあの鶏は生きていたのか?

死ぬまで仮面をつけ続けた囚人の正体は?なぜこの囚人は特別待遇をされていたのか