ccb


スポンサーリンク


なぞの形状をした要塞

01c24fe9

巨大な要塞がガラス状へと変化することは実際に起こりうるのか?

これは1777年に発見されたガラスで出来た要塞である。

このようなガラス状化した要塞はヨーロッパ各地でみられ、

作られたのは紀元前8500年頃から1世紀にかけてだと推測される。

ガラス状化した要塞によってその年月は隔たりはあるが現代よりも2000年以上前に形成されたということになるだろう。

では一体なぜこのようなものが出来たのか?


スポンサーリンク


モヘンジョダロのガラスの町が謎を解く鍵?

モヘンジョダロ
モヘンジョダロはインダス文明がもっとも栄えた証であり

紀元前2500年から紀元前1600年の間まで栄えたのだ。

インダス文明は地上に栄えており、人口も4万人まで栄えていたが

しかし突如として滅んでしまった文化である。

あまりに突然に滅んでしまったために「大洪水説」「侵略された説」「隕石が落ちた説」など様々あるが

この文明が滅んだ原因は「核戦争」だったのではないか?と言われているのだ。

というのもモヘンジョダロには「ガラスになった町」がある。

いまも地元住民も立ち行くことがないほどに危険な場所になっているだが

核戦争の傷跡ではないか?と推測されているのだ。

というのも核のような超エネルギーが放出されることで岩は解ける。

解けた岩がまた空気によって冷やされ固まることでガラス状に変化するようになるのだ。

モヘンジョダロを日本語にすると死の丘である。

なぜこのような有り難くない奇妙な名前をつけられてたのかというと

この周辺にたくさんの白骨化された人間の骨が大量にみつかっているからだ。

背骨・首が折られていたりとなかなか非常に雑に亡くなっているのがわかる。

そしてこれらの骨を解析にかけたところ、200度以上の高温で短時間で焼かれているのがわかったのだ。

ということはインダス文明の時代にはモヘンジョダロの周辺でなにか高熱を発するような機械・兵器があったことは間違いないだろう。

そして町ごとガラス状化してしまうほどの熱があったということはモヘンジョダロでは古代核戦争があったのではないか?

と結論づけられる。

ヨーロッパでも核戦争が??

紀元前後に入り本当に核戦争がヨーロッパの地域であったかどうかはわからない。

しかし岩が解けてしまうほどの熱量があったことは事実である。

自然界ではそれほどの熱を発せられることはないために

そこに住んでいた住民たち・国民達が起こしてしまったのではないか?と考えられるだろう。

ヨーロッパに見られるガラスの要塞とモヘンジョダロで見られるガラスの町ははるか昔の人間達の過ちを現在の私たちに伝えているのかもしれない。