d985060e9b0f30f3dbb065a88d719dd5
輪廻転生。死んだものはまたどこかに生を受ける。

エンドはスタートの始まりだという考えが輪廻転生である。

もしこれが本当にあったとしたら?

輪廻転生して死んだものの記憶が新しい命に繋ぎ止められていたとしたら?

ミステリーは加速する。


スポンサーリンク


車の不慮の事故

自動車の事故によって生娘をなくしてしまった父ポロック。

自分の娘は精神的に混乱した女が運転した暴走車の犠牲に成ってしまったのだ。

突然の悲劇を受けたことで父ポロックは

「いつかまた生まれ変わって来るのかもしれない」とかたくなに起きもしない奇跡のような出来事を信じるようになる。

ポロックはいう、「大丈夫、また生まれ変わって新しい姿になって戻って来るから


スポンサーリンク


妻のフローレンスが妊娠

この事故の半年後に妻のフローレンスの妊娠が発覚した

ポロックは間違いなく双子であることを確信し、子供が本当に双子かどうかわからなかったが

周囲には
「事故で亡くなった子供達が帰って来た。妻が双子を妊娠したのです」と語ったのだ。

このとき双子かどうかは一切解ってはいなかったがポロックには核心めいたものがあったのだろう。

そして妊娠した子供が双子であることがわかった。

双子の誕生・・・そして不思議な出来事が相次ぐ

1958年の10月4日にジェニファーとジリアンが誕生した。

亡くなった子供たちは二人とも女の子だったが、双子も同じ女の子だった。

ポロックは喜び、そして妻のフローレンスは亡くした子供たちをジェニファーとジリアンを重ねるようになった。

ジェニファーがあるとき三輪車をこいでいるときに不注意によって
額と腰に大きな痣を作ってしまったのだ。

そしてこの腰と額の痣をみて両親は驚愕した。

なぜなら事故で亡くしてしまった11歳の子供と全く同じ場所にそして同じ大きさの痣を作っていたのだから。

さらに事故で亡くなっていた子供たちが大切にしていた人形(事故から一切押し入れから出していない)

の名前を呼び、母フローレンスに

ねぇ。メアリーとスーザンはいまどこにいるの?」と言ったのだ。

事故が起きてから人形は一度も押し入れから出してはいないし、メアリーとスーザンというような名前を出したこともない。

しかしなぜか、知っていた?。

本来であれば初めての人形遊びにも関わらず遊び方さえも全く以前生きていた子供たちと全く同じ遊び方をしていたのだ。

さらに不思議な出来事は続く。

事故の後、引っ越しをしたのだが亡くした子供達が通っていた学校をたまたま通り過ぎたときに

あー!止まって!私はよくここで遊んでいたんだぁ!

と謎の発言をしたのだ。

さらに詳しくどんな遊びをしていたか?聞いてみると学校の間取り図も詳しく教えてくれながらどんな遊びをしていたのかも教えてくれたのだ。

輪廻転生は本当にあるのか

このポロックの双子の奇跡との言える物語は本当にありえることなのだろうか

パサライコロジスト(超心理学者)のスティーブン博士は

「輪廻転生の可能性は非常に高い」と結論づけたのだ。

この博士は霊的なものは一切信じずに現実ベースで研究をすることで有名な博士がこの家庭をくまなく調査した結果として

輪廻転生は十分にありえると結論づけたことは大いに意味があることだ。

このポロックの双子だけではなくもしかしたら世界、いや日本でも輪廻は見られること

ということがわかったのだ。

自分が生まれ変わる前のときの記憶を完全に受け継いでいたとしたら?人類はどこへ向かって行くのだろうか?

遺伝として記憶が受け継がれるとしたら人類はどのようになっていくのだろうか?

ミステリーは加速する

<関連記事>
幻の砂漠都市ペトラはかつて高度な建築技術をなぜ持っていたのか?

なぜ?頭部が無いのに1年半もあの鶏は生きていたのか?

死ぬまで仮面をつけ続けた囚人の正体は?なぜこの囚人は特別待遇をされていたのか