女たちを従え、自分の欲求すべてを女たちで解消する

一部では新しい宗教の神として君臨したとさえ言われるチャールズマンソン

彼は手なずけた女性とファミリーを結成し、
ハリウッド女優を至らしめるなどの暴力行為を次々に行った。

マンソン率いるコミュニティーをマンソンファミリーと人々は名付けた。

出生に数々の奇行・事件の元が隠されている

マンソンファミリー
マンソンが数々の事件を起した原因はその悲しくも辛い過去にあった。

母親はろくに生活をすることなくたくさんの男の夜の相手をしていた。

チャールズマンソンは見知らぬ男と初めて出会った夜に生まれたのだ。

家庭と呼ぶのは躊躇うくらいの生活でマンソンは5歳のときに母に捨てられた。

その後祖父のもとで生活をするようになったのであるが愛されることはなく
逆に気分晴らしのためにいらずらをされるようになったのだ。

来ているものも良くなく知能の発達が遅れてしまっていたので学校に通ってもイジメの対象となってしまったのだった。

マンソンの心が廃れていったのは仕方が無いことかもしれない。

1934年に生まれてからなんと1967年の33歳になるまでに17年間は刑務所にいた。
非行とやってはいけない行為を繰り返していたのだ。

チャールズマンソンは自らの経験から自分と同じようにぐれてしまった10代、20代の女性の気持ちが良く解った。

そしてそれらの女性たちは皆至って純粋であることも知っていたのだ。

仲良く成った女性のマンションに女性3人、マンソン一人で生活するようになった。

それから徐々にマンソンに危険な魅力に惹かれてしまう女性が多かった。

そしていわゆるファミリーを結成した。

集まった若者は全員家族の愛と言うものがどんなものか、知らない。

決して癒す事が出来ない傷を抱えている若者。そのトップに君臨したのがマンソン。

その後マンソンは芸能界の関係者と親睦を深め、歌手、女優などとも接点を持つようになったのだ。

過激な思想を持つようになる

マンソンファミリーはこれから急速に人類史が変わって行くことを予期した。

それは核戦争が起こってしまい人類は全滅してしまう、マンソンファミリーだけを残して。

マンソンファミリーだけが正しくこの家族に入る事で若者は救われるとまで思っていた。
しかし活動資金に限界があったために音楽家の家に襲撃し、金品を漁ろうとしたところ、

なにも金になるものは見つからなかったためにその家の主を召してしまったのだ。

当時、有名だった犯罪の集団のせいにしようと偽装した。

「誰にも言う事が出来ない秘密」をファミリーメンバーが持つ事によってさらにファミリーとしての結束力も持つようになってしまったのは非常に皮肉なことであった。

さらにマンソンの活動は過激化していく。

富裕層を狙っていった

簡単にお金を稼ぐ事が出来ると確信したマンソンは悪びれることなく
自分の女性たちに数々の悪行を命じて行ったのだ。

完全にマンソンの命令を聞かないと

愛してもらえないのではないか
この家族から見放されるのではないか

という女性の不安を仰いでいったのだ。

1971年に逮捕される

自らが逮捕されることはない。

そうマンソンはたかをくくっていったのだ。

自分の教唆していることを女性が警察にちくるはずがないのだ。

そう思っていたのだ。

しかしメンバーが逮捕されたことによってマンソンの存在が警察に知れるようになり、ついに教唆の容疑で逮捕された。

当時は終身刑が極刑であり、いまでもマンソンは牢獄の中でもがき、うごめいている。

<関連記事>
元気になりたいなら栄養ドリンクは飲むな!糖質中毒・カフェイン中毒の末路

生と死を繰り返す ポロックの双子が見せた輪廻転生

【未来予測:第2回】2045年の恋愛模様!恋愛シュミレーションと出会いが多様化する社会