噂が現実になった話をしよう

アメリカで突如現れた都市伝説、スレンダーマン

手足が長く、真っ黒な出で立ちは非常に奇妙で
異様な存在感を纏っている。

さらにこのスレンダーマンが子供の誘拐をしている噂までたち始め、

最初は噂の域を出なかったが、
スレンダーマンに関する事件まで勃発することになったのだ。


スポンサーリンク


スレンダーマンの登場

0374b915-1

2009年6月8日、サムシング・オーフル(Something Awful: The Internet Makes You Stupid)というウェブサイトのフォーラムに、「Photoshop でパラノーマルな画像を創り出そう (create paranormal images through Photoshop)」という趣旨のスレッドが立てられた。その2日後の6月10日、このフォーラムにビクター・サージ (Victor Surge)、本名エリック・クヌーゼン(Eric Knudsen)という利用者が、真っ黒い背広を着た長身で痩身の怪しげな人物が、複数の子供たちと一緒に写っている白黒の写真を投稿したのである。

2009年に最初はオカルト掲示板のようなスレッドから生み出された。

面白がっていたネット住民たちも、
その異様さと人間離れした雰囲気に次第に恐怖を感じるようになっていった。

その”リアルさ”からネットでドンドン拡散されるようになり、
ネット上でも有名な都市伝説の話へと昇華していった。

真実は定かではないが、ネット上で噂されるにつれて、

実はあれはサタンの化身なんだ
アメリカの独立を導いたのはスレンダーマンだ

など話に尾ひれが付くことがあったが、
アメリカで有名になったことは事実である。


スポンサーリンク


全米が驚愕する事件へと発展する

裏社会人B

2014年に
なんとわずか12歳の少女2人が友人の体を19カ所も刺す事件が起きたんだ

犯罪事件が毎日起こるアメリカでも、
10代の子供の凶悪事件は稀である。

裏社会人A裏社会人A

さらに逮捕された2人の少女は互いに奇妙な発言を繰り返したんだ

モーガン・E・ガイザー(当時12歳)
スレンダーマンの代わりに友人を屠殺すればスレンダーマンに受け入れられ、
ニコレット国有林の中にあるスレンダーマンの屋敷でスレンダーマンと一緒に暮らせると思った

アニサ・E・ワイヤー(当時12歳)
スレンダーマンと夢の中で遊んだ。
それがとても楽しかったから自分も仲間として認識してもらいたかった

と驚くべき供述をしている。

インターネットのオカルト掲示板から始まったミステリーは
ミステリーの領域を超え、現実の世界まで飛び乗って来たのだ

この2人の少女は事件の前にスレンダーマンについていろいろと調べていたことが分かった。

アメリカ政府は
「インターネットという仮想が現実にまで影響を及ぼしている。子供に与える影響力をもっと大人達は考えなくてはならない」
という声明まで出す事態へと発展したのだ。

ウソ?本当?

最初に投稿された写真は
人間が任意的に作ったものなのか、それとも本当に偶然映り込んでしまったものなのか?

真実はわからない。
しかしたった1枚の写真投稿から全米が驚愕するような事件に発展してしまったことは事実である。

奇妙な話ではあるが、
このスレンダーマンは写真から人々の深層心理まで「ダイブ」し、
幼い子供たちをマインドコントロールしていたことは事実だろう。

0374b915-1
このスレンダーマンの写真をみたあなたの心の中に
手足が長く、真っ黒な人が住み着いてしまったかもしれない。

<関連記事>
天まで続く?ロレットチャペルの奇跡の螺旋階段

ホープダイヤモンドの呪い!希少な輝きの魔力が強すぎたため所有者に不幸が・・

ドッペルゲンガー現象とは?精神崩壊のサイン!死ぬ人が見る現象なのだ

アイリーンモア島の灯台警備をしていた3人の男性が突然消える未解決ミステリー