sa

1872年にイギリスでとある船が発見された。

その船を詮索してみるとなぜか誰も乗っていなかったのだ。

無人のままで見つかった船の謎は100年以上経った後もミステリーとして人々の記憶に刻まれている。

その船の名前は・・・・

船の大きさは約30メートルで300トン近くの重さがある。

元々はカナダの都市で作られ、名前をアマゾン号と名付けられた船は

所有者が変わる度に名前が変わって行き、1869年になってからは

メアリーセレスト号と名付けられるようになったのだ。

このアマゾン号を作っている最中から船大工な不慮な事故に巻き込まれたり、

家族ごと行方不明になっていったりと当時からいわくつくの船だったのだ。

船ひとつ作るのにも莫大なお金がかかるので一度建設しようとしたらなかなか途中で計画を頓挫することができないために

完成されたと言われている。

なので巷の人々は「呪いの船」「人が憑いた船」と揶揄する声も多かった。

そのためなのか、何度も所有者が変わっているのである。

「所有者を選ぶ船」と言われることもあった。

事件当日の組員は10人

メアリーセレスト号はニューヨークからイタリアにメタノールを乗せて運んでいた。

この事件が起きた時の船員は

船長のベンジャミン・ブリッグズ、妻、娘のマルチダと7人の他の船乗りだった。

その船が漂流していたのをみつけたのはデイグラツィア号のモアハウス船長。

本当にたまたまだったかは定かではないが

船を出す前に二人で飲み屋でお酒をかわしていた姿が目撃されている。

漂流しているのに気がついたモアハウスはすぐにメアリーセレスト号に着陸してみたが

そこには誰一人として船に乗っていなかったのである。

不思議なのは羅針盤は壊れて、角度器も壊されていたにも関わらず

食料は6ヶ月分は積んであったのだ。

もし海賊に襲われていたのであれば食料は取られていたはずだし

積んでいたエタノール1700樽のうち1691樽は綺麗な状態で置いてあったのだ。

まさに人だけが消えていたのだ。

モアハウス船長がこの船を発見した時には

朝ご飯が食卓に並べられていた

という説があるがこれは後付けでありなにもその証拠は残ってはいない。

またモアハウス船長がこの船を探索したときには

なぜか船の内部が水浸しになっていたと語っている。

嵐や津波に襲われた形跡はなかったのではあるがなにか関係しているのだろうか?

40年後 とある文書が発見される

この事件の丁度40年後にフォスダイク文書という文書が公開された。

これはフォスダイクが書いたとされる文章でフォスダイクが死んだあとに友人によって新聞に載せられた文書である。

フォスダイクは実は奇妙な事件が起こったメアリーセレスト号の密乗した人物であり船長のブリッグズの友人であった。

公開された文書は以下の通りである

船長が部下に対し「人間は服を着たまま泳げるのか」という疑問を投げ、船長自身がその証明に甲板から外へと飛び出し、周囲をふざけて泳ぎ回った。それを見た乗組員が面白がり、数人が続けて海に飛び込む。皆が泳ぐ様子を船長の妻と子ども、フォスダイク、2人の乗組員が特別デッキに上がり楽しく眺めていると、突如として海上にいた船員が苦しそうに叫んだ。見るとサメに襲われており、彼はすぐに海に沈んでしまう。残りの乗組員も特別デッキに上がって何が起きているのか確認しようとするが、運悪くそのデッキが壊れ海に投げ出されてしまい、こうしてマリー・セレスト号には誰もいなくなった。そして偶然デッキの破片の上に落下したフォスダイク以外は全員サメに襲われ死んでしまい、流されたフォスダイクは後日、アフリカの海岸に漂着して生き延びた

なんとも奇妙な話だろうか。

元々良くないことが付きまとっていたメアリーセレスト号

本当の真実はいまでもなお闇の中である