バブーシュカ・レディ

1963年11月21日に悲劇は起こった。

この悲劇の被害者となるのはジョン・F・ケネディ

当時のアメリカの大統領だったジョン・F・ケネディのこの事件は後世にも受け継がれるほどの衝撃であった。

さらにこの事件に関してはあまりにも不可解な謎が多いのだ。

ケネディ氏が暗殺されるなかでもっとも近くにいた女性がいる。

この女性は未だに身元が不明なため、バブーシュカ・レディと呼ばれている。


スポンサーリンク


真犯人は誰だ?

ケネディ大統領を打ったとされる人物、リー・ハーヴェイ・オズワルドは事件の二日後に警察に捕まった。

警察に捕まり拘置所に連れて行かれる間に、なんとジャック・ルーベンシュタインによって打たれたのだ。

この人物は当時のマフィアともそして警察幹部とも交流が深く、謎めいている人物である。

ケネディの事件に関してはいろいろな陰謀説がある。

例えば、
ケネディが狙われたのは「宇宙人の存在を公開しようとした」
「大統領よりも権力を持った一部上流階級の存在を明らかにしようとした」
などが言われている。

その真相は一般の人間にはわからないことだが、ただひとついえることはこの事件は

仕組まれ、起こるべき時に起こった ということだ。

仕組まれたということはほぼ確実だと言われおり、ケネディが打たれた場所は

当時は謎の警備が引かれていたのだ。

また同じ車に乗っていた人物はケネディが打たれる前から頭を守るような格好をしていたことから

ほぼ確実にケネディがその場所で打たれることを知っていた。

もう一度言う、ケネディが打たれた場所は特別な警備が引かれていた

しかしなぜこの特別な警備が引かれた場所に
身元不明の女性が映っていたのだろうか?

しかも一番間近にいた!というので余計に謎が深めるばかりである。


スポンサーリンク


これだけ多く報道されているのにも関わらず未だに正体は謎

ケネディが暗殺された現場の写真に映っている女性。

ロシアで見られるバブーシュカを頭に巻いていることから
バブーシュカレディーと呼ばれるようになった。茶色のコートを着ている。

銃声の音が聞こえた時には

周囲の人間はすぐに頭を抑えながら走って逃げていたのにも関わらず
このバブーシュカレディーはなにかを確かめるようにその場に存在していた。

間違いなくこの事件のなにかを知っているに違いない。

警察はバブーシュカレディーに対して捜査の協力をして欲しい、と何度も新聞などで呼びかけを行ったが
連絡はなかった。

事件から7年経過したときにひとりの女性が名乗りを上げる

その名乗りを上げた人物はビバリー・オリバー。

実は自分がバブーシュカレディーであると警察に躍り出たのだ。

事件が起きたときはオリバーは16歳。

オリバーの供述は事件現場と一致することがなく、また信憑性が低いことからバブーシュカレディーではないと断定されたのだ。
事件現場に映っている女性の写真は中年の女性のように思われる。

当時16歳だった彼女がこのような格好をすることは珍しいし体格も不一致である。

バブーシュカレディーは謎に包まれたままである。

もしかしたらただの通りすがりの可能性もあるし、黒幕側の人間である可能性もある。

この人物が表舞台に現れるときはケネディ事件の真相が告げられるときかもしれない。

真相が告げられるかはこの人物が生きているかはどうかに掛けられている。

タイムトラベラー説

バブーシュカ・レディは実はタイムトラベラーなのではないか?
と一部では言われている。

タイムトラベラーであるならば見つかることはないだろう。

歴史の目撃者は異世界の住民だった!なんて世間が聴いたらみな、ひっくり返る。

ジョン・F・ケネディの事件はアメリカがひた隠したい真実が眠っている

バブーシュカ・レディは間違いなく政府側の人間であるために、目撃情報があったとしても絶対に出て来ることはない。

もしかしたらタイムトラベラー説を持ち出して来たのはアメリカ政府なのかもしれない。
真実はいつも闇の中に葬られる

<関連記事>

なぜ?頭部が無いのに1年半もあの鶏は生きていたのか?

死ぬまで仮面をつけ続けた囚人の正体は?なぜこの囚人は特別待遇をされていたのか

幻の砂漠都市ペトラはかつて高度な建築技術をなぜ持っていたのか?