この事件はアメリカロサンゼルスで1947年に起きた事件だ。

後世に語り継がれるほどの残酷な事件。

この物語を聞いても誰も得にはならない。

しかしこれを知らないでは済まされない。なぜか魅了されるものがある。

事件の詳細

hqdefault

口から左右の耳までは切り裂かれ、体のあちこちが刃物でえぐり取られた傷跡があり、顔面には殴られたアザ、
体にはタバコの火を押しつけたような火傷の跡が何箇所もあり、首と両手両足にはロープを巻きつけた跡が残っていた。

かつて1940年代は

警察への電話はすべて新聞記者が盗聴していた時代だったため
警察と同時に記者達がその連絡があった場所に行った。

そして警察と記者はあまりにショッキングな姿をした女性を発見してしまった。

その姿はまさに世紀末。

悪魔に断絶された身体はまっぷたつに別れており、他の場所もあまりに無惨な姿に成っていたのだ。

そして体内には便が詰められていたり、
肛門は大きく開けていたので男性による仕業ではないか?とマスコミは報じた・・・・

かき消された証拠

その現場の近くに止められていた車やタイヤの跡はもちろん、遺体から検出された男性の液体、

後に重要となる証拠は
そのすべてがなにものかによって消されていた

証拠が突然無くなったことから

この残忍な事件の犯人は間違いなく「警察内部の人間」と言われていた。

警察に犯人がいる。世間はこの事件に釘付けにされた。

被害者の名前はエリザベス・ショート

この事件の被害者はエリザベスショートいう当時22歳の女性。

元々女優を目指しながら活動をしており、女優を目指していただけあって綺麗な女性であった。

彼女の家庭は決して裕福ではない。

両親は離婚をしており、5人兄弟の自分以外のみなはしっかりとした定職をつきながら両親をそれぞれ養っていたのだ。

エリザベス・ショートは母親ひとりに育てられたので母を大切にしようとした。

お給料も有ってないものなのでそのうち、夜の街で働くようになったのだ。

芸名が「ダリア」であり、夜の景色が似合う女だったので「ブラックダリア」と揶揄されていた。

そんなダリアが被害者ということもあり
マスメディアの彼女の生い立ちから

なぜ女優志望になり夜の街で男性を癒すようになったのか?連日報道を続けたのだ。

全国的に報道と噂が加熱しており、

なんと自分が犯人だと名乗る男も30人を越え、
彼女と関係を持ったと自称する男も100人近くもいた

それだけ社会的な影響力もあったので警察も必死に探した。

ただいつになっても

本当の意味で有力な情報が出て来ないためにマスコミを警察を疑い始めたのだった。

そんなとき、ジャック・アンダーソン・ウィルソンという男が犯人ではないか?
と言われ始めた。

これは別の事件で捜査の対象に成った時に同じく犯行の手口が似ているためにこの男は疑われたのだ。

突然の行方不明

メディアも世論も
ブラックダリア事件の犯人はジャック・アンダーソン・ウィルソンというのでほぼ決まりと思っていた。

しかしショッキングなことにジャック・アンダーソン・ウィルソンはなにものかに誘拐され無惨な姿に成って発見された。

これで完全に事件は闇の中に葬られたので有った。

  • なぜジャック・アンダーソン・ウィルソンはやられてしまったのか?
  • そしてなぜブラックダリア事件に関して有力な情報は一切出て来ないのか?

人々はダリアの事件には深い黒い闇が隠されていると言い、
「ブラック」ダリア事件と名付けた。